1970年代

海原千里・万里の上沼恵美子の電撃結婚と解散





「おしゃべりクッキング」(ABC)でも知られる「上沼恵美子」さん…
昔は漫才師の「海原千里」さんとしても知られていました。

名前:上沼恵美子(かみぬまえみこ)
旧芸名:海原千里
生年月日:1955年4月13日
職業:タレント、歌手、司会者、ラジオパーソナリティ
出身:兵庫県三原郡福良町(現:南あわじ市福良乙)
学歴:帝国女子高等学校大和田校(現:大阪国際大和田高等学校)中退



Sponsored Links
 

和服に三味線という女性漫才のイメージを一新した姉妹コンビの海原千里・万男…
的確なしゃべりとテンポの良いツッコミで一世を風靡し、実力派として漫才師仲間からも高い評価を得ていたのです。

しかし、漫才ブーム到来前の1977年4月に突然の結婚解散…
この時、万里さんは24歳、千里さんは21歳でした。
人気絶頂期の早すぎる引退騒ぎは世間を驚かせたのです。

デビュー時は姉の万里さんが高校生、妹の千里さんほまだ中学生でした。
もともと漫才師になるつもりのなかった2人は、父親に言われて嫌々ながらの弟子入りで、最初のうちは「OLのつもりでやっていたんです。結婚相手が見つかったらさっさと引退するつもり…」と思っていたのですが、デビュー後すぐにファンレターや弟子入り志願者が押し寄せるなど大ブレーク…
その後も活躍を続けていました。

しかし1976年末、万里さんの結婚引退情報が突如、流れます。
相手は8歳年上の元漫才師で当時、西川峰子さんの専属司会者を務めていた夢大作さんでした。

デビュー直後に知り合ったという2人は、千里・万里が売れっ子になったことで一時連絡が途絶えていましたが、千里さんの勧めで万里さんが電話連絡したことで交際がスタートしたのです。

二人は忙しいスケジュールの合間を縫ってデートを重ねていました。
1976年12月、万里さんは事務所社長に「いよいよ来年は結婚したいと考えています。」と切り出します。

固い意志を確かめた社長は翌年4月以降の新番組やCMのスケジュールを断り始めますが、周囲からは「何も引退することはない。あまりに惜しい。」という声も出ていました。
しかし、万里さんの決意は変わらなかったのです。

そうして、世間の注目は千里さんに集まりました。
万里さんに「ウチは引退するけれど、あんたはウチに付き合ってやめなくてもええのよ。」と言われた千里さんでしたが、もともとは歌手志望…
「引と歌手転向の間で迷っている」という報道も流れました。

しかし、解散公演2ヵ月後に控えた2月18日…
今度は「千里が婚約」という仰天ニュースが飛び込んできたのです。

相手は関西テレビ制作局の上沼真平ディレクター…
仕事の付き合いから急接近して1975年12月の初デート以来、月に2回ほどショーを見にいったり、食事をしたりデートを重ねていました。

所属事務所は「私たちでさえも知らなかったんですよ。千里は一人でもやっていけるタレントだと思っていたんですが…」と驚きと落胆のコメントが出たほど…
一方、娘2人を一度に嫁がせる母親は「芸に生きて一人でいるよりはいいお嫁さんになって欲しいと思っていました。」と心境を語ったのです。

4月12日にさよなら公演…
2人は漫才だけでなく、ピンク・レディー顔負けの超ミニで歌い踊り客席を沸かせました。

その後、5月22日に千里さん、6月6日に万里さんと相次いで挙式…
翌年にはそれぞれ子ども生まれました。

もっとも千里さんは「主婦業が退屈」と結婚わずか2カ月後に作詞家でカムバックします。
1978年10月に本名の上沼恵美子でテレビ番組の司会を始め、大活躍…
一方、万里さんは時圻、上沼さんの番組に登場するだけで、本格復帰する意思はないようです。



ピックアップ記事

  1. 長瀬愛…元祖キカタン女優の現在とは?!
  2. 志村けんとビートたけしの有名な美談はガセだった?!
  3. 今井メロ…ラップ歌詞の真相は単なるヤラセ?!
  4. 研ナオコに起きた離婚騒動の経緯とは何だったのか!?
  5. 吉永小百合…岡田太郎との結婚式の舞台裏

関連記事

  1. 1970年代

    手塚治虫…ブラックジャック実写版にキレた?!

    「漫画の神様」と評されていた漫画家「手塚治虫」…

  2. 1970年代

    島倉千代子…男に騙されて「人生いろいろ」だった件

    1977年2月24日に「守屋友健商事」という会…

  3. 1970年代

    乙羽信子…映画監督・新藤兼人との結婚秘話

    愛称は「オカジ」…1978年1月に映画監督…

  4. 1970年代

    中康次…ダイレンジャーや佐々木小次郎などの役者魂

    名俳優の中康次さん…「五星戦隊ダイレンジャ…

  5. 1970年代

    平尾昌晃…幼妻(小沢深雪)との結婚から離婚まで

    布施明さんの「霧の摩周湖」や小柳ルミ子さん「瀬…

  6. 1970年代

    アグネス・ラムは現在もしっかりと稼いでいる?!

    ここ最近で話題を呼んだ黒船グラピアアイドルとい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 夏井いつき…二人の夫との馴れ初めと結婚(再婚)
  2. 中村仁美…子供は若草幼稚園から立教小学校に入学している?!
  3. 岡田朋峰(岡田真澄の娘)のプロフィールを紹介!?
  4. 佐々木勉…音楽にかけた人生とプロフィール
  5. misonoの旦那Nosukeの「精巣がんによる胚細胞腫瘍」…
  6. 北村匠海…父親が北村一輝っていうのは完全にガセ?!
  7. 小宮孝泰…病気説が出ている理由は何なのか?!
  8. 宮尾俊太郎を検索するとなぜ「真矢みき」の名前が挙がるのか?
  9. 飯田覚士…星野敬太郎の元妻・美紀と不倫関係がヤバい?!
  10. 飯田覚士…現在はボクシング塾を経宮している?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    清水宏保の再婚相手は苫小牧の看護師はガセ?!
  2. 2000年代

    衛藤美彩…干された理由はやっぱり「彼氏の存在」?!
  3. 2000年代

    有賀さつき…娘(名前:沙智慧)の学校について
  4. 1990年代

    渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  5. 2000年代

    倉持明日香…自宅には「小さいおじさん」がいる?!
PAGE TOP