1970年代

海原千里・万里の上沼恵美子の電撃結婚と解散





「おしゃべりクッキング」(ABC)でも知られる「上沼恵美子」さん…
昔は漫才師の「海原千里」さんとしても知られていました。

今回はそんな上沼さんの電撃結婚と、漫才コンビ“海原千里・万里”解散に関するお話です。

class=”well3″>
名前:上沼恵美子(かみぬまえみこ)
旧芸名:海原千里
生年月日:1955年4月13日(64歳)
職業:タレント、歌手、司会者、ラジオパーソナリティ
所属:上沼事務所
出身:兵庫県三原郡福良町(現:南あわじ市福良乙)
学歴:帝国女子高等学校大和田校(現・大阪国際大和田高等学校)中退



Sponsored Links
 

和服に三味線という女性漫才のイメージを一新した姉妹コンビの“海原千里・万里”。
当時は的確なしゃべりとテンポの良いツッコミで一世を風靡し、実力派として漫才師仲間からも高い評価を得ていたのです。

しかし、漫才ブーム到来前の1977年4月にコンビは突然の結婚解散。
この時、万里さんは24歳、千里さん(上沼恵美子)は21歳でした。
人気絶頂期の早すぎる引退騒ぎは世間を驚かせたのです。

デビュー当時は、姉の万里さんが高校生、妹の千里さんはまだ中学生でした。
もともと漫才師になるつもりのなかった二人は、父親に言われて嫌々ながらの弟子入りだったのです。

最初のうちは、「OLのつもりでやっていたんです。結婚相手が見つかったらさっさと引退するつもり…」と思っていたのですが、デビュー後すぐにファンレターや弟子入り志願者が押し寄せるなど、まさかの大ブレイク。
その後もトントン拍子に活躍を続けていました。

しかし1976年末、万里さんの結婚と引退の情報が突如として流れます。
相手は8歳年上の元漫才師で当時、西川峰子さんの専属司会者を務めていた夢大作さんでした。

デビュー直後に知り合ったという二人は、千里・万里が売れっ子になったことで一時連絡が途絶えていましたが、千里さんの勧めで万里さんが電話連絡したことで交際がスタートしたのです。

二人は忙しいスケジュールの合間を縫ってデートを重ねていました。
1976年12月、万里さんは事務所社長に「いよいよ来年は結婚したいと考えています」と切り出します。

固い意志を確かめた社長は、翌年4月以降の新番組やCMのスケジュールを断り始めますが、周囲からは「何も引退することはない。あまりに惜しい」という声も出ていました。
しかし、万里さんの決意は変わらなかったのです。

そうして、世間の注目は千里さんに集まりました。
万里さんに「ウチは引退するけれど、あんたはウチに付き合ってやめなくてもええのよ」と言われた千里さんでしたが、もともとは歌手志望。
「引退と歌手転向の間で迷っている」という報道も流れました。

しかし、解散公演の2ヵ月後に控えた2月18日。
今度は「千里が婚約」という仰天ニュースが飛び込んで来たのです。

相手は関西テレビ制作局の上沼真平ディレクターでした。
仕事の付き合いから急接近して1975年12月の初デート以来、月に2回ほどショーを見にいったり、食事をしたりデートを重ねていました。

所属事務所は「私たちでさえも知らなかったんですよ。千里は一人でもやっていけるタレントだと思っていたんですが…」と驚きと落胆のコメントが出たほどだったのです。

一方、娘二人を一度に嫁がせる母親は、「芸に生きて一人でいるよりは、いいお嫁さんになって欲しいと思っていました」と心境を語りました。

こうして、4月12日にさよなら公演が開催され、二人は漫才だけでなく、ピンク・レディー顔負けの超ミニで歌って踊って客席を沸かせたのです。

その後、5月22日に千里さん、6月6日に万里さんと相次いで挙式。
翌年にはそれぞれ子供が生まれました。

もっとも千里さんは「主婦業が退屈」と、結婚わずか2カ月後に作詞家として芸能界にカムバックします。
1978年10月に本名の上沼恵美子でテレビ番組の司会を始め、皆さんご存知の大活躍。

一方、万里さんは時圻、上沼さんの番組に登場するだけで、本格復帰する意思はないようです。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 高部知子…元彼の写真流出が衝撃の展開を迎えてた件
  2. 松原桃太郎(元CHA-CHA)…番組収録中に盗塁して骨折したことがある?!
  3. 松宮一彦アナウンサー…死因(自殺)の原因は何だったのか?!
  4. 野坂なつみ…おなじみの「インテリメガネ」は伊達だった?!
  5. 鈴木康友(元野球選手)が患った「骨髄異形形成症候群」とは?!

関連記事

  1. 1970年代

    平尾昌晃…幼妻(小沢深雪)との結婚から離婚まで

    布施明さんの「霧の摩周湖」や小柳ルミ子…

  2. 1970年代

    松田優作は酒癖の悪さが原因で逮捕されたことがある?!

    亡くなった後も熱狂的なファンが多い「松…

  3. 1970年代

    内藤洋子(喜多嶋舞の母)の引退の背景とは?

    当時、くりっとした瞳に広いオデコ……

  4. 1970年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1978年度)

    植村直己さんが世界初の単独北極点到達し、青木功…

  5. 1970年代

    篠ひろ子…自殺未遂の原因は何だったのか?!

    東北学院大学法学部2年生在学中にゴルフ練習場でスカウトされ、東北放送テ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 池田満寿夫と佐藤陽子(バイオリニスト)の馴れ初めとは?!
  2. 和田アキ子…自然気胸を患って入院したことがある?!
  3. 三遊亭小圓遊(四代目)…食道静脈瘤破裂が原因で死去する
  4. 石橋貴明と野坂昭如は本番中にガチで喧嘩をしたことがある?!
  5. BOØWY(ボウイ)…解散宣言をした理由は何だったのか?!
  6. 和田アキ子…美容院経営に乗り出した意外な理由とは?!
  7. 中森明菜…盗難事件で300万円の被害にあったことがある?!
  8. 名高達男…若い頃に起こした乱闘スキャンダルとは?!
  9. 岸恵子…娘の麻衣子から元夫シャンピの死を知らされる?!
  10. 貴乃花光司…角膜潰瘍を患って入院したことがある?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    清原和博…自宅の広尾マンションは「サマセット麻布イースト」だった!
  2. 2000年代

    小室哲哉の「5億円著作権詐欺容疑」の真相とは?
  3. 1960年代

    橋幸夫…軍刀(サーベル)を持った男に切りつけられる?!
  4. 2000年代

    小松辰雄…自動車事故を起こして過失割合はどうなる?!
  5. 1990年代

    君島一郎…勃発した骨肉の争いと君島グループの行方
PAGE TOP