2000年代

久米宏…ニュースステーションを辞めた理由は?





2004年3月26日、18年間続いた「久米宏」さん(当時59歳)の報道番組「ニュースステーション」(テレビ朝日系)が終了しました。
後番組は古舘伊知郎さんの「報道ステーション」…
民放の報道番組の“雄”の交代劇に視聴者の関心が高まったのです。

名前:久米宏(くめひろし)
生年月日:1944年7月14日(73歳)
職業:フリーアナウンサー、タレント、ラジオパーソナリティ、ニュースキャスター
所属:オフィス・トゥー・ワン
出身:埼玉県浦和市(現:さいたま市浦和区)
学歴:早稲田大学政治経済学部



Sponsored Links
 

「Nステ」が終了する半年前の2003年8月26日…
久米さんの番組降板会見が開かれました。

久米さんは「十二分にやった」、「スタミナ切れ」、「2000年1月からの3年契約がすでに終了している」などと降板理由を説明しました。
会見では“自民党からの圧力”といった記者の暴露発言も飛び出しましたが、久米さんは意に介せず、思うままに語ったのです。

しかし、降板についてあれこれ取り沙汰されたのは言うまでもありません。
特に指摘されたのは、ギャラ問題と外部スタッフが関わる番組制作体制でした。

「ニュースステーション」の放送開始は1985年10月…
それまで「特捜最前線」など人気ドラマが放映されていた平日プライムタイムに報道番組を放送するという日本初の試みでした。

企画は久米さんが所属する番組制作会社オフィス・トゥー・ワン…
番組はテレ朝とトゥー・ワンの共同制作で、局の顔である報道番組に報道部以外の外部プロが関わる従来の常識を破るものだったのです。

この体制下、テレ朝からトゥー・ワンに支払われる制作費は年間70億円ともいわれました。
この中から久米さんへのギャラは破格の年間5億円とも…

テレ朝は当時、アークヒルズへの新社屋移転のため、多額の資金を必要としていました。
そこで制作費が高額な「Nステ」を終了させたかったと書き立てるマスコミもあったのです。

実は久米さんは番組終了の4年前、1999年10月に降板騒動を起こしています。
テレ朝との間で契約更新に合意できなかったとして、久米さんは10月6日の番組内で「私の出演は今日までです」と宣言…
翌年1月に復帰するまでの3カ月間は渡辺宜嗣アナが代役を務めました。
金銭面が取り沙汰されるのは、こういった事情もあったのです。

さらに、いくつかの騒動も一因だと言えるでしょう。
反権力を貫く久米さんの発言は与党時代の自民党から何度か抗議を受けました。

また、問題になったのは1999年2月の「所沢の葉物野菜から高いダイオキシン濃度が検出された」という発言…
これは農家から猛烈な抗議を受け、裁判に発展し、最後は和解になりました。

1999年時点では久米さんはテレ朝、トゥーワン両者から慰留され、番組に復帰します。
しかし、降板の駆け引きの中で久米さんのギャラが、さらにアップしたといった臆測も流れました。
1999年の騒動の頃からテレ朝は久米さんの後任探しを始めていました。

そうして後継番組のメインに古舘さんが決まって久米さんは降板へ…
しかし、常々「辞めたい」と言ってきた久米さんですが、会見で古舘さんの話題が出ると「番組がなくなるのに後任がいるとはどういうことなんだ」と声を荒らげ、名物キャスターの意地を見せつける幕もあったのです。

古舘流に形を変えて受け継がれた久米さんの反骨精神ですが、古館さんも2016年3月に報道ステーションを降板…
テレビ朝日が“報道の雄”としての枠を維持し続けることができるのかは、後任キャスターの活躍にかかっていると言えるでしょう。



ピックアップ記事

  1. 阿部桃子…交際相手K氏は「古塩勝彦」でホームズ不動産販売代表?!
  2. 相澤仁美…疑惑の画像が流出してから現在まで
  3. 鬼束ちひろ…病気休業から2017年現在までの軌跡
  4. 猿岩石…ヒッチハイクは「ヤラセ」か「ガチ」か?!
  5. 寺崎裕香の結婚相手「市川訓睦」は完全にガセ?!

関連記事

  1. 2000年代

    木佐彩子…石井一久との馴れ初めから結婚に至るまで

    木佐彩子さんと言えば、フジテレビで活躍した人気…

  2. 2000年代

    いしだ壱成…2011年の薬物逮捕の理由に「ヒッピー文化」が関係?!

    テレビやイベントで引っ張りだこの石田ファミリー…

  3. 2000年代

    田中聖の現在までとバンドメンバーの心中は如何に?

    2006年にメジャーデビューしたジャニーズ事務…

  4. 2000年代

    戸田蔵人…2008年の事故と裁判の結果

    岩手県藤沢町のコース(藤沢スポーツランド)にて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    桃井かおり…つかこうへいとの結婚を破棄した理由とは?
  2. 1970年代

    大信田礼子…都倉俊一との馴れ初めから結婚・離婚まで
  3. 2000年代

    アジャコング(えりかちゃん)の意外な現在の姿とは?!
  4. 1960年代

    若尾文子の泥沼離婚騒動の真相とは?…
  5. 2000年代

    原田ちあきの彼氏は誰って「田中幸輝(ユキテロ)」じゃないの?
PAGE TOP