2000年代

宇多田ヒカル…徳島事件の真相とは如何に?!





1998年12月、15歳でリリースしたシングル「Automatic」がミリオンセラーという衝撃の国内デビューを果たした「宇多田ヒカル」さん。
2013年にこの世を去った藤圭子さんの娘ということでも注目を集め、1999年3月発売のアルバム「First Love」が累計860万枚以上を売り上げ、CDセールス日本記録を打ち立てる人気となりました。

名前:宇多田ヒカル(うただヒカル)
生年月日:1983年1月19日(35歳)
職業:シンガーソングライター、ミュージシャン、音楽プロデューサー
所属:U3MUSIC
レーベル:エピックレコードジャパン(ソニー・ミュージックレーベルズ内)
出身地:ニューヨーク州ニューヨーク市
学歴:コロンビア大学(中退)




Sponsored Links
 

けれども、大学進学を目標に、学業優先で活動していた宇多田さんはコンサートツアーを行っていませんでした。
そんな中、全国ツアーが決定したのはアメリカンスクールを卒業予定の2000年夏…
同年9月から米コロンビア大に進学が決まり、最初で最後の国内ツアーと話題になっていたのです。

ところが、直前の6月22日に藤圭子さんの離婚報道が流れます。
事務所スタッフと夫の浮気を疑った藤さんは、離婚の決意を固めスポーツ紙に不倫を告発したのです。
これはマスコミに「藤圭子5度目の離婚」と掻き立てられる騒ぎになりました。
そうして世間の注目は娘の宇多田さんに集まったのです。

騒ぎの当日は「笑っていいとも!」(フジテレビ系)の生出演中…
新宿アルタの駐車場出入り口には報道陣ら約400人が集まりました。

しかし、そこでも番組でもコメントはせず、HPで「親の恋愛には口出ししない」と語ったのです。
騒動から3日後…
藤さんが「別れません」と発言し、騒ぎは収まりましたが、宇多田さんが受けたストレスは大きかったようでした。

7月1日、いよいよ全国ツアーがスタート…
7万枚のチケットは発売直後90分で完売し、6500円のチケットがダフ屋では10万円で取引される人気になっていました。

しかし、ツアーが後半戦に突入した8月1日、徳島で事件が起きたのです。
5000人のファンで埋め尽くされた会場の「アスティとくしま」には、開演時間を1時間過ぎても宇多田さんは姿を現しませんでした。

場内が騒然とし始めた頃、主催者から「本人の体調不良のため中止」のアナウンス…
しかし、遠くから駆けつけた観客や、ダフ屋から法外な値段で購入した観客もいて「こんなに待たせといて中止の一言だけか」、「もっと詳しく説明しろ」と怒号が飛び交ったのです。

宇多田さんはHPで謝罪の言葉とともに「肉体面と精神面に疲れがつのっていたようで、ついにそれが雪崩を起こしたらしい」と事情を説明…
食べ物を受け付けないことを告白し、「摂食障害を持った人が毎食後吐くというの本当につらいんだろうなぁ」と語りました。

父親の照實氏も「ヒカルは疲れがたまると腰に立っていられないほどの痛みを感じる」と説明したのです。
しかし、宇多田さんの元には「徳島のファンをなめるな」という罵倒メールが殺到しました。

照實氏は振り替え公演の実現に努めると発言…
後日、千葉マリンスタジアムで追加公演が行われました。

2002年9月6日、宇多田さんは写真家で映画監督の紀里谷和明氏と結婚し、2007年に離婚…
2010年8月、アーティスト活動の無期限休止を壹言し、2014年5月にバーテンダーのイタリア人の一般男性と再婚しました。

2015年7月に第一子を出産…
2016年春に約6年ぶりに音楽活動を再開すると報じられたのです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 8.6秒バズーカーの現在と消えた3つの理由をリアルに分析!
  2. キャバ嬢に暴行した中山功太はこれでテレビ見納め?!
  3. 志村けんとビートたけしの有名な美談はガセだった?!
  4. 山尾志桜里…夫で元ライブドア役員「山尾恭生」は金欠でヤバい?!
  5. 鹿賀丈史…体調不良の理由が「認知症」だと言われるワケとは?!

関連記事

  1. 2000年代

    内田有紀…吉岡秀隆との離婚理由は何だったのか?!

    1990年代にビジュアルクイーンとして…

  2. 2000年代

    千昌夫…不動産王から借金王の異名をとる

    「君が好き」でデビュー…「星影のワルツ」(…

  3. 2000年代

    松嶋菜々子と反町隆史…結婚会見の服装もラフで淡白すぎた件

    女優でファッションモデルの「松嶋菜々子」さんと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 佐々木太一が合格したウィスキー最難度の試験MWとは?!
  2. 式守与之吉…休場の原因となった「ギラン・バレー症候群」とは?…
  3. 柴俊夫…嫁の真野響子との馴れ初めや結婚会見のサプライズとは?…
  4. 水原茂(元監督)…弟子・長嶋茂雄に見送られこの世を去る
  5. シャネルズ(CHANELS)改名の理由にシャネルは関係なかっ…
  6. 岡田彰布…嫁の大関陽子とは知り合って2ヵ月で結婚していた?!…
  7. 大林宣彦…肺がんをオプジーボで治療して効果テキメン?!
  8. さいたまんぞう…現在やっている野球審判のギャラっていくらなの…
  9. なかむらみなみ(ラッパー)…衝撃的な過去から現在まで
  10. 藤村有弘…天涯孤独の中、死去する?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    萬田久子と佐々木力(内縁の夫)との事実婚が衝撃的?!
  2. 1960年代

    小鳩くるみ…43歳で結婚して現在は夫婦二人で暮らしている?!
  3. 2000年代

    大島ゆかり…シンシア・ラスターの名前はフィリピンで有名人?!
  4. 2000年代

    濱津隆之…なぜ「カメラを止めるな!」でギャラ0円だったのか?!
  5. 2000年代

    秋吉久美子の息子(遊)の転落死から…
PAGE TOP