1970年代

田宮二郎…自殺の原因と2人の息子の現在とは?!





俳優や司会者として活躍し、クールで憎いほどダンディーだった「田宮二郎」さん…
1970年代のドラマ「白い巨塔」の主役、財前五郎を演じた田宮二郎が、散弾銃で胸を撃ち抜くという衝撃の自殺を遂げたのは1978年のことでした。

名前:田宮二郎(たみやじろう)
本名:柴田吾郎(しばたごろう)
生年月日:1935年8月25日~1978年12月28日(享年43歳)
職業:俳優、司会者
出身:京都府京都市
学歴:学習院大学政経学部経済学科




Sponsored Links

1978年の瀬、12月28日午後1時半…
田宮さん(当時43歳)の付き人が赤坂の仕出屋に頼んでおいた弁当を受け取って、田宮さんの麻布の自宅に届けました。

その時、2階の洋室のベッドの上であおむけに倒れている田宮さんを発見します。
胸の上あたりまでかかった毛布からはパジャマ姿の田宮さんが抱え込んだ散弾銃の先がのぞいていました。

引き金は足の指で引いたとみられ、散弾は心臓に命中…
ほぼ即死状態でした。

頭部には大きな損傷はなく、死に顔は驚くほど安らか…
いつものダンディーな田宮さんがそこにいたのです。

翌日、自宅で営まれた通夜に100人以上の報道陣が詰めかけました。
祭壇には菊の供花が一面に飾られ 、暮れとあって焼香に駆けつけるスターらの数は少なく、涙をこらえてうつむく元女優の幸子夫人と2人の息子が父の遺影を見つめる姿がありました。

麻布署は田宮さんが前年3月にそううつ病の診断が受け、神経科病院から投薬を受けていたこと…
また、自殺の真似を繰り返して「死にたい」と漏らしたりしていたことなどから、仕事に行き詰まり前途を悲観しての自殺と判断しました。

しかし、人気俳優の非業の死です…
原因については巨額の借金、女優Yとの愛人関係など様々な臆測が乱れ飛びました。

田宮さんは生前、「ボクは単なる役者ではない。日本のハワード・ヒューズになる」と事業に意欲を見せ、常に一流を目指し、背伸びする人生を送っていました。

しかし、実業家としての田宮さんはM資金話に翻弄されたり、大映や東京12チャンネル(現テレビ東京)の無理な買収話などに首を突っ込んでいきます。

家族ともギクシャクしていました。
1978年8月、幸子夫人が2人の息子を連れて別居すると「女房と子供に見放された」と追い詰められていったのです。

そううつ病も加速していたと思われ、当時、田宮さんを取材した故・梨元勝氏は「スチュワーデスから聞いた話ですが、“お医者さんはいませんか?”の機内アナウンスで田宮がやってきて、ペラペラと専門用語を話すらしいんです」と語っています。

そして、翌1979年1月6日放送の劇中の財前五郎のがん死に合わせるように、田宮さんは壮絶な自殺を遂げましたが、幸子夫人は通夜の翌日30日の記者会見で遺書を公開し、伝えられた噂のすべてを否定したのです。
結局、自殺の原因はそうつ病とされ、自殺では支払われなかったはずの保険金が病気を理由に支払われています。

人々の記憶に鮮烈な田宮さんの死後、人々が案じたのは遺児の将来でした。
2人は結局、父と同じ芸能界の道を選びます。

長男の柴田光太郎さんは英語講師を経て、1995年にフジテレビ系「おはよう!ナイスデイ」のリポーターに起用され話題になりました。
2007年4月からは広尾学園高等学校にて教鞭を執っている他、2008年1月から「5時に夢中!」(TOKYO MX)の4代目MCを務めました。

弟の田宮五郎さんも2008年に俳優活動を始め、浅野ゆう子との交際が伝えられ話題となりましたが、2014年11目にくも膜下出血で亡くなっています。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 三宅アナ…息子はナイナイのマネージャーになっていた件
  2. 芹洋子…愛馬・キヨヒメで5000万円近くも稼いでいた?!
  3. 久米宏…ニュースステーションを辞めた理由とは?
  4. YURIMARIのMARI(まり)は現在「関西三大○○」を紹介している?!
  5. 岡井千聖…所沢中学校と行きつけ飲み屋について調べてみた件

関連記事

  1. 1970年代

    松任谷由実…夫・松任谷正隆との結婚までの馴れ初め

    ユーミンの愛称でポップミュージック界の…

  2. 1970年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1978年度)

    ディスコブームが到来し、ピンク・レディーの「U…

  3. 1970年代

    舟木一夫…失踪と自殺未遂を経て現在に至る

    橋幸夫さん、西郷輝彦さんとともに"御三…

  4. 1970年代

    キャロル解散…矢沢永吉とジョニー大倉は何を語ったのか?

    約2年半という短い活動期間にも関わらず…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 鳳啓助…元嫁(鏡子)に勝手に離婚届を出されていた?!
  2. シャネルズ…なぜ2か月間も活動停止したのか?!
  3. 島田洋七…目薬と水虫薬を間違えて失明の危機に陥ったことがある…
  4. 左とん平…過去に賭博容疑で逮捕されたことがあった?!
  5. 大和田伸也…妻・五大路子との馴れ初めから結婚まで
  6. 池田満寿夫と佐藤陽子(バイオリニスト)の馴れ初めとは?!
  7. 和田アキ子…自然気胸を患って入院したことがある?!
  8. 三遊亭小圓遊(四代目)…食道静脈瘤破裂が原因で死去する
  9. 石橋貴明と野坂昭如は本番中にガチで喧嘩をしたことがある?!
  10. BOØWY(ボウイ)…解散宣言をした理由は何だったのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    牧野真莉愛…母がネグレクトって一体どういうこと?!
  2. 1980年代

    多岐川裕美…元夫・阿知波信介との婚約発表会見とその後
  3. 1970年代

    森進一…母(尚子)の死とストーカー裁判の判決とは?
  4. 2000年代

    田中美里…パニック障害で女優業の危機?!
  5. 2000年代

    葛城ユキ…事故の経緯と現在までを振り返る
PAGE TOP