1970年代

大島渚…映画「愛のコリーダ」の公開と裁判結果について

1936年に起きた阿部定事件(あべさだじけん)…
これは殺害した男性の性器を切り取るという昭和史に残る猟奇事件ですが、1976年10月16日にこの事件を題材として大島渚監督が製作した映画「愛のコリーダ」が日本で公開されました。
この映画は日本初の「本番映画」として猥褻(わいせつ)か芸術かを巡る大きな議論を巻き起こしたのです。

名前:大島渚(おおしまなぎさ)
生年月日:1932年3月31日~2013年1月15日(享年80歳)
職業:映画監督、タレント、俳優
出生地:岡山県玉野市
学歴:京都大学法学部



Sponsored Links
 

阿部定を演じた松田英子さんと相手役の藤竜也さんの絡みは、全編の約8割が性愛場面という内容に、ちまたでは松田さんに本番手当がついたのではないか?とのウワサも流れました。

日本公開に先立ち、5月に行われたカンヌ映画祭では、外郭団体主催による監督週間のトップを切って上映されたのです。
現地では、「ポルノではなくエロチシズムだ」と絶賛され、大入り満員の大盛況…
10回を超える記録的なアンコール上映回数となりました。

その後、カンヌに続いて行われたベルリン映画祭でも話題をさらったのです。
上映初日にはベルリンで、性器を切り取るシーンなど100カ所以上に暴力シーンとポルノが見られるとして、フィルムが押収される騒ぎが起きました。
上映は2日後に再開されましたが、猥褻(わいせつ)ではなく、残酷すぎることが理由であるとのウワサも流れました。

海外で大評判の「愛のコリーダ」ですが、日本での公開はスンナリとは進まなかったのです。
フランスでは無修正だった作品が、日本では下半身全体へのボカシや約2分間にわたる本編カットといった大幅な修正がなされたからです。

さらに、スチール写真を利用して、公開に先駆けて出版された単行本「愛のコリーダ」が、猥褻文書に当たるとして摘発される騒ぎとなりました。

単行本の裁判では、京都大法学部出身の大島渚監督が全力で闘うことを宣言…
大荒れの展開となったのです。
公判で卑猥な言葉が飛び出し、証人が法廷で春画を掲げて見せるなど前代未聞の裁判でした。

大島監督は「これは芸術であるから猥褻ではないという主張はしない。もともと猥褻なるものは存在しない。猥褻、なぜ悪いというのが裁判に臨む基本的な態度だ」と陳述…
「単行本の摘発は映画の身代わり弾圧であり、冤罪」と語りました。

裁判は1982年6月に結審…
判決は「性表現の程度は大胆化し、往時タブー視された性表現方法が公開流布され…徐々にそれら性表現に慣れ…大胆な性表現をも肯定し、受容するよう変化しつつある」と猥褻表現は社会通念を元にし、許容の目安を見い出すべきとして1審、2審とも無罪となったのです。

1976年当時、大幅に修正されて公開されましたが、24年後の2000年2月にノーカット版が日本公開となりました。
一部ボカシは入ったものの、限りなく大島監督の製作意図に近い完後が上映され、再び話題を呼んだのです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 市川海老蔵…暴行事件の真相とその後の影響について
  2. 紋舞らん…突然の失踪・引退から現在の状況とは?!
  3. 長者番付からわかる芸能人の年収(1991年度)
  4. 夏川純…旦那のレストラン店「洋食ツバキ亭」は順調?!
  5. 宮田俊哉…ネイリストの姉「宮田菜月」は今何してるの?

関連記事

  1. 1970年代

    今陽子…「ピンキラ脱退」から現在の活動まで

    日本のボサ・ノヴァバンド…女性1人に男性4…

  2. 1970年代

    萩本欽一…奥さんとの馴れ初めが感動する件

    日本野球連盟茨城ゴールデンゴールズの初…

  3. 1970年代

    大橋巨泉…パイプカット宣言の裏側には何があったのか?!

    「ボクは子孫をつくらないことにしました」……

  4. 1970年代

    立川談志…政治家時代とヘベレケ会見

    2011年11月21日に75歳で死去し…

  5. 1970年代

    さだまさし…相方の吉田正美と「グレープ」を解散する

    さだまさしさんがバイオリン、と吉田正美(現・吉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    一柳亜矢子アナウンサー…バツ2から3度目の結婚相手Tまでの経緯
  2. 1960年代

    小森和子…若い頃の驚くべき男性遍歴と武勇伝?!
  3. 2000年代

    三浦理恵子…ダイヤモンドユカイとの馴れ初めと結婚までの経緯
  4. 1980年代

    朝潮太郎…嫁の芋縄恵と1億円の豪華結婚式・披露宴を挙げる?!
  5. 2000年代

    本田美奈子…白血病が発覚するも移植する猶予もなく他界
PAGE TOP