1970年代

大島渚…映画「愛のコリーダ」の公開と裁判





1936年に起きた阿部定事件(あべさだじけん)…
殺害した男性の性器を切り取るという昭和史に残る猟奇事件ですが、1976年10月16日、この事件を題材として大島渚監督が製作した映画「愛のコリーダ」が日本で公開されました。
この映画は日本初の「本番映画」として猥褻(わいせつ)か芸術かを巡る大きな議論を巻き起こしたのです。

名前:大島渚(おおしまなぎさ)
生年月日:1932年3月31日~2013年1月15日(享年80歳)
職業:映画監督、タレント、俳優
出生地:岡山県玉野市
学歴:京都大学法学部



Sponsored Links
 

阿部定を演じた松田英子さんと相手役の藤竜也さんの絡みは、全編の約8割が性愛場面という内容に、ちまたでは松田さんに本番手当がついたのではないか?とのウワサも流れました。

日本公開に先立ち、5月に行われたカンヌ映画祭では、外郭団体主催による監督週間のトップを切って上映されたのです。
現地では、「ポルノではなくエロチシズムだ」と絶賛され、大入り満員の大盛況…
10回を超える記録的なアンコール上映回数となりました。

その後、カンヌに続いて行われたベルリン映画祭でも話題をさらったのです。
上映初日にはベルリンで、性器を切り取るシーンなど100カ所以上に暴力シーンとポルノが見られるとして、フィルムが押収される騒ぎが起きました。
上映は2日後に再開されましたが、猥褻ではなく、残酷すぎることが理由であるとのウワサも流れました。

海外で大評判の「愛のコリーダ」ですが、日本での公開はスンナリとは進まなかったのです。
フランスでは無修正だった作品が、日本では下半身全体へのボカシや約2分間にわたる本編カットといった大幅な修正がなされたからです。
さらに、スチール写真を利用して、公開に先駆けて出版された単行本「愛のコリーダ」が、猥褻文書に当たるとして摘発される騒ぎとなりました。

単行本の裁判では、京大法学部出身の大島渚監督が全力で闘うことを宣言…
大荒れの展開となったのです。
公判で卑猥な言葉が飛び出し、証人が法廷で春画を掲げて見せるなど前代未聞の裁判でした。

大島監督は「これは芸術であるから猥褻ではないという主張はしない。もともと猥褻なるものは存在しない。猥褻、なぜ悪いというのが裁判に臨む基本的な態度だ」と陳述…
「単行本の摘発は映画の身代わり弾圧であり、冤罪」と語りました。

裁判は1982年6月に結審…
判決は「性表現の程度は大胆化し、往時タブー視された性表現方法が公開流布され…徐々にそれら性表現に慣れ…大胆な性表現をも肯定し、受容するよう変化しつつある」と猥褻表現は社会通念を元にし、許容の目安を見い出すべきとして1審、2審とも無罪となったのです。

1976年当時、大幅に修正されて公開されましたが、24年後の2000年2月にノーカット版が日本公開となりました。
一部ボカシは入ったものの、限りなく大島監督の製作意図に近い完後が上映され、再び話題を呼んだのです。



ピックアップ記事

  1. 高沢悠子…高校は「仙台北」それとも「仙台南」?!
  2. 南野陽子…結婚まで考えた石井竜也(カールスモーキー石井)との衝撃破局
  3. 倉沢淳美…握手会でファンに襲われてから現在まで
  4. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず
  5. 長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1995年度)

関連記事

  1. 1970年代

    倍賞千恵子…小宮氏とは格差婚が離婚の原因?!

    1976年3月8日、軽井沢の聖パウロ教会に集ま…

  2. 1970年代

    藤圭子…前川清との離婚理由は何だったのか?!

    1972年8月12日の午前、都内のホテルで藤圭…

  3. 1970年代

    テレサ・テンのパスポート偽造事件の真相とは何だったのか?

    1986年の第19回日本有線大賞で大賞に輝いた…

  4. 1970年代

    乙羽信子…映画監督・新藤兼人との結婚秘話

    愛称は「オカジ」…1978年1月に映画監督…

  5. 1970年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1975年度)

    第二次ベビーブームで、「シクラメンのかほり」(…

  6. 1970年代

    岡田奈々に起きた監禁事件の真相とは?

    本名は矢井弘子…人気絶頂のアイドル岡田奈々…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    荒木定虎…引退理由は「干された」って本当なの?!
  2. 2000年代

    Chocomoo(チョコムー)…wiki的にプロフィールを紹介!
  3. 2000年代

    草彅剛…全裸泥酔騒動の経緯がこれだ!
  4. 1990年代

    安達祐実…爆発物が届けられマネジャーが大怪我?!
  5. 2000年代

    若村麻由美…元旦那・小野兼弘(宗教家)の死因が衝撃?!
PAGE TOP