1960年代

岩下志麻の娘や弟ってどんな人なの?意外と知らない著名な家族

1960年代から松竹の看板女優の一人として活躍された大女優・岩下志麻さん(76歳)…
彼女の娘さんや弟さんは一体どんな人なのでしょうか?…

岩下志麻さんには娘さんが一人おられます。
娘さんは1973年生まれで現在は44歳、中等部から大学まで慶応で卒業後は大手の広告代理店に務めていました。
その後、一般の方と結婚されて、今はお子さんが2人おられます。
つまり岩下志麻さんからすれば、お孫さんにあたりますね。

ちなみに岩下志麻さんと言えば、
「生活臭くなるのは女優として駄目だから…」
という映画監督兼夫の篠田正浩さんの方針で、家事を一切やらなかったとか…
彼女に万が一のことがあってはと、家事は家政婦任せだったそうです。




Sponsored Links

岩下志麻さんの弟さんについて

また弟さんの名前は岩下亮さん、俳優をやられています。
出演作品は少ないようですが、九州で障害児の施設を作られた山本三郎さんの実話に基づく映画「しいのみ学園」などに出演されていたようです。

そもそも岩下志麻さんの家系は役者一家で、夫は映画監督の篠田正浩さん、父は俳優で映画プロデューサーの野々村潔さんは、4代目河原崎長十郎は義理の伯父にあたります。

母の山岸美代子さんで野々村潔さんと同じく新劇俳優という血筋…
唯一の弟さんや従兄弟も俳優ですし、岩下志麻が女優を目指そうとしたのは、当然と言えば当然かもしれませんね。

最後に岩下志麻さんと言えば、極妻(極道の妻たち)…
ということで、数々の名言ごご紹介しましょう。

◇極道の妻たち(第1作)(1986年)

うちは極道に、惚れたんやない。惚れた男が、たまたま極道だったんや

「あほんだら、撃てるもんなら、撃ってみぃ

◇極道の妻たちⅡ(1987年)

この先、重宗のシマに一歩でも土足で踏み込んできたら、うちら、血の一滴が枯れるまで戦うしな。虫ケラだと思って舐めてたら、その首飛ぶかもしれまへんで

◇極道の妻たち 三代目姐(1989年)

わてらの惚れた腫れたは、タマのとりあいやで極道の女やったら、腹くくって、もの云いや

◇極道の妻たち 最後の戦い(1990年)

これが極道の女房としての、わての決着(けじめ)や

◇新極道の妻たち(1991年)

わてを誰と思うとんのや、ここにおんのは、あんたを産んだ母親やない。藤波組二代目霊代や

◇新極道の妻たち 惚れたら地獄(1994年)

極道に惚れたら、女御は地獄や

極道の妻として、かく致すしかほかなく、ただいま決着(けじめ)をつけさして貰いました




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. ヒロミ(B21)におきた花火事故の経緯がこれだ!
  2. 尾上菊之助…子供の幼稚園はやっぱり「青山学院幼稚園」なの?
  3. 小林悠アナのセレブ男性はリカオンの河村蒼憧でほぼ確!?
  4. 岡村孝子…石井浩郎との馴れ初めから離婚まで
  5. 野々村竜太郎の家族(主に母親)って一体どうなってるの?

関連記事

  1. 1960年代

    山本富士子が映画に出なくなった理由とは?

    1950年に記念すべき第1回ミス日本に選ばれたのが「山本富士子」さんで…

  2. 1960年代

    市川雷蔵…死因「肝臓がん」は妻にも知らされず

    看護師が喉に吸引器を差し込み痰(たん)を除去すると、「市川雷蔵」さんは…

  3. 1960年代

    ひょっこりひょうたん島(NHK)の打ち切りは政治的圧力だった?!

    1960年代にNHK総合テレビで放送され、子供を中心に、国民的な人気を…

  4. 1960年代

    浅香光代の子供の父親・政治家Sは佐藤栄作で確定?!

    今では珍しい剣劇女優…浅香光代さん(89歳)。さて、そんな浅香光代…

  5. 1960年代

    神田正輝の父母、兄弟の意外な真相とは!?

    あの石原裕次郎さんにレストランで声をかけられたことがきっかけで石原プロ…

  6. 1960年代

    藤山寛美が松竹新喜劇を除籍された驚くべき理由とは?

    アホを演じさせたらこの人を超える役者は今もいない…そう称された人物…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 上原美優…遺書の内容は亡くなった母へ宛てたものだった?!
  2. 小林さやか(ビリギャル)の高校が名古屋の「愛知淑徳学園」で確…
  3. 高倉健…養女の名前「河野貴」(芸名:貴倉良子)が明らかになる…
  4. 白石小百合…退社理由は香水販売だけでなく「紺野あさ美」など同…
  5. 寺尾聰…范文雀との馴れ初めとスピード離婚
  6. 如月琉(37歳)…高校は「弘前高校」と発覚!本名は卒業アルバ…
  7. 及川奈央…現在は舞台女優として活躍中?!
  8. 本田美奈子…白血病が発覚するも移植する猶予もなく他界
  9. 栗城史多…登山家から批判された理由とは何だったのか?!
  10. 真田広之…手塚理美との離婚問題を振り返る
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目記事

Sponsored Links
  1. 1960年代

    八千草薫…結婚式で語られた夫の言葉
  2. 2000年代

    LGBTサークル(組織)の一覧
  3. 2000年代

    野村宏伸…年の差15歳で結婚した相手は「木下省子」?!
  4. 1960年代

    里見浩太朗…拳銃密輸事件の真相と現在
  5. 1990年代

    「加勢大周」は都内でバーテンダー・「新加勢大周」はパーソナルジム
PAGE TOP