1980年代

坂本九…飛行機事故の真相とその後





昭和60年となる1985年8月12日18時24分…
離陸間もない羽田発伊丹空港行き日本航空123便から、緊急事態発生の一報が入りました。

機体後部の破損から尾翼油圧システムすべてを失い、操縦不能に陥り、32分後の同56分に群馬県御巣鷹山南東の山中に墜落…
乗員乗客524人中520人が亡くなる国内最大の航空機事故となったのです。

これこそ史上最悪の墜落事故とされる“日本航空123便墜落事故”でした。
事故機には「上を向いて歩こう」で知られる「坂本九」さん(当時43歳)が乗っていたのです。

名前:坂本九(さかもときゅう)
本名:大島九(おおしまひさし)
生年月日:1941年12月10日~1985年8月12日(享年43歳)
職業:俳優・タレント・歌手
出身:神奈川県川崎市川崎区




Sponsored Links

妻で女優の柏木由紀子さん(当時37歳)は19時半のニュースで事故を知りました。
これまで坂本さんは空路での移動は常にANA(全日本空輸)を使っており、何かの間違いでは?と思ったのです。

柏木さんはすぐに事務所に連絡し事実確認…
悲報が現実のものとなっても信じられないといった様子で、放心状態でした。
事故現場からは4人の生存者が救出されましたが、柏木さんの願いもむなしく、8月16日深夜に坂本さんの遺体が確認されたのです。

坂本さんは当日、大阪府羽曳野市議選に立候補する元マネージャーの「香川弘行(かがわひろゆき)」さん(当時41歳)の事務所開きに駆けつける予定でした。
2人の関係は、坂本さんが「上を向いて歩こう」でゴールドディスク獲得した1960年代前半にさかのぼります。

当時、慶応の学生だった香川さんは空手3段の腕を見込まれ、ボディーガードを兼ね坂本のマネージャーを務めました。
20歳そこそこの2人は24時間行動を共にし、互いを「あいつ」、「ひさし(坂本の本名)」と呼び合う仲になったのです。

香川さんは3年ほどで実業家を目指して大阪に移ったのですが、2人の友情はその後も続いていました。
香川さんが事務所開きの応援を頼んだ時も「わかった。とにかくスケジュールを全部送れ」と快諾…
大阪に来てもらうため、香川さんは3時半にNHK-FMの仕事を終える坂本のために、同機のチケットを手配したのですが、不運にもそれが事故とぶつかってしまったのです。

香川さんは13日の事務所開きでは後援者を前に「私が…呼ばなければ…」と挨拶するのがやっとでした。
さらに18日の告別式後には「直接、私のために九が死んだのではないといくら言われても、奥さんの気持ちは複雑でしょう」、「奥さんには恨まれても仕方がない。今はただ冥福を祈るばかりと心境を語ったのです。

芸能関係者にも衝撃が走りました。
兄貴分のジェリー藤尾さんは「木に引っかかっても生きてるよ。今でもそう思ってる」とコメント。

石倉三郎さんも「九ちゃんが死んだなんて信じたくないスよ」とコメントしました。

中村八大さんと共に「六八九トリオ」と呼ばれた永六輔さんはマスコミからの電話取材をすべて断り、1986年12月に追想本「坂本九ものがたり六・八・九の九」を出版しています。

坂本さんの遺影と共に選挙戦に臨んだ香川さんは見事当選…
その後、羽曳野市議会の議長を務めるなど政治家として活躍しました。

柏木さんは坂本さんが担当していたクイズ番組の司会を引き継ぐなど芸能活動を本格再開…
事故当時、小学生だった2人の娘も芸能界入りし、2004年に結成した母娘3人ユニット「ママエセフィーユ」も話題となりました。

ちなみに坂本さんの曲は、日本航空(JAL)の機内オーディオサービスでは他アーティストのカバーを含め絶対にかけられないと言います。
事務所側が拒否しているのはもちろん、他のアーティストが歌っている「明日があるさ」がかかっただけでも、日本航空へ乗客からクレームが殺到したためと言われています。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 青田典子…整形を広島市の医師会でバラされる?!
  2. 木下あおいの結婚や旦那・彼氏について調査した件
  3. 羽生善治と畠田理恵の馴れ初めと結婚式の裏話
  4. 山崎方正は「第一種情報処理技術者試験」に合格している?!
  5. SPEED解散の真相は「男性問題」が理由だった?!

関連記事

  1. 1980年代

    佐々木つとむ殺人事件の経緯や真相とは何だったのか?!

    ものまねタレントの神奈月さんの師匠で、はたけん…

  2. 1980年代

    内田裕也と樹木希林…馴れ初めから「なぜ離婚しない」がわかる?!

    芸能界きっての不思議な夫婦…なおかつ別居夫…

  3. 1980年代

    野坂なつみ…おなじみの「インテリメガネ」は伊達だった?!

    1989年にダイヤモンド映像からデビューしたセ…

  4. 1980年代

    沖田浩之と山本陽子…20歳差カップルの交際から破局まで

    ドラマ「3年B組金八先生」などに出演し、アイド…

  5. 1980年代

    和泉雅子…南極から北極に向けての冒険

    「愛称は珍獣ハンター・イモト」ことイモトアヤコ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 野杁泉(赤木春恵の娘)…介護しながら夫・野杁和俊の会社を支え…
  2. 紫吹淳…実家は金持ちで父親は三洋電機はガセ?!
  3. 江口ともみ…事故の原因はどこにあったのか?
  4. 小鳩くるみ…43歳で結婚して現在は夫婦二人で暮らしている?!…
  5. 野々村直通監督…あの問題発言の後に本当に腹を切っていた?!
  6. ひでこコルトン…大学卒業から結婚・再婚を経て現在に至る
  7. 剣武輝希…秩父の温泉「宮本家」は1日6組限定の超老舗!?
  8. 小川真澄(元パンプキン)…現在はアイドルユニットをプロデュー…
  9. お箸マニア・三井和典(みついがずすけ)は四季彩堂のブランド青…
  10. 福井優子…観覧車通信の日本支局長が観覧車にハマった意外なきっ…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    藤谷美和子…現在は小田原市内で徘徊している?!
  2. 2000年代

    西野翔…現在はDJやコスプレイヤー(Aira)としても活躍中?!
  3. 1990年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1997年度)
  4. 2000年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(2001年度)
  5. 2000年代

    徳永有美アナウンサー…内村光良と結婚に至るまでの日々
PAGE TOP