2000年代

真屋順子…見栄晴との不仲説(確執)が生まれた意外な理由とは?





2017年12月28日に全身衰弱のために亡くなった「真屋順子」さん…
また、その真屋さんと共演していた「見栄晴」さんとの間に、不仲説(確執)があるという話が出たのは2015年のことでした。

名前:真屋順子(まやじゅんこ)
本名:髙津詔子
生年月日:1942年1月8日~2017年12月28日(享年75歳)
職業:女優
出身:大分県日田市
出生地:朝鮮釜山府
学歴:大分県立日田高等学校(中退)




Sponsored Links
 

1976年から放送されて「欽ちゃんのどこまでやるの!?」(テレビ朝日系列局)にお母さん役でレギュラー出演した真屋さん。
その後、1982年に大人になった長男として登場したのが、見栄晴さんだったのです。
当時、真屋さんは40歳、見栄晴さんは16歳でした。

まさに親子ほど年の離れた二人でしたが、なぜ不仲説(確執)があるとされたのか?…
その理由は、2015年2月20日に放送された「爆報!THEフライデー」(TBSテレビ)で明かされました。

この番組に出演した真屋さんは「芸能界に許せない人物がいる」として、見栄晴さんの名前を挙げたのです。
理由は、本当の息子のように可愛がっていた見栄晴さんが、結婚・出産(2007年4月3日に入籍、9月25日に長女が誕生)の報告を一切しなかったことを不義理に感じていたためでした。

そのため真屋さんは、それ以前の取材でも見栄晴さんを完全に拒否…
見栄晴さんに会いたくないとまで語っていました。
息子のように思っていた見栄晴さんが、可愛さ余って憎さ百倍となったのでしょう。

2015年の同番組には、サプライズゲストとして当の本人である見栄晴さんも出演していました。
そこで見栄晴さんが素直に「ごめんなさい」と謝ったことで、真屋さんも矛(ほこ)をおさめくれたのです。

実は見栄晴さんは、真屋さんが怒っているとはこの時まで知りませんでした。
2007年当時、確かに結婚・出産と立て続けに喜ばしい出来事が起きていた見栄晴さんでしたが、同時期に母親の介護で手一杯だったのです。

見栄晴さんの8歳の時に父親を亡くし、母親に女手一つで育ててもらいました。
また子役時代に稼いだ大金を宴席やギャンブルなどで使い果たし、さらに消費者金融から1000万円もの借金を重ねた際にも、700万円を肩代わりしてくれたのです。

そんな母親が同時期に指定難病に認定されている前頭葉萎縮現象を患い、脚も骨折するなど病状が悪化…
病気の影響で、自宅に物をため込むようになり、あっという間に自宅がゴミ屋敷になってしまいました。
このゴミの処理は母親が亡くなる2017年まで解消されなかったのです。

このような経緯もあり、見栄晴さんは自身の結婚・出産の報告を真屋さんに報告できなかったそうです。
きちんと謝罪する見栄晴さんに対し、真屋さんも昔と変わっていない、いい子であると語っていました。
こうして二人の不仲説(確執)は解消されたのです。

真屋さんの訃報を聞いた見栄晴さんはこのように語っています。

舞台のこと、笑いのこと、デビューして分からず、悩んだり、落ち込んでいる僕に、いつも舞台の袖で「見栄晴、あなたは本番に強いから大丈夫よ!頑張って!」と励まし、優しくしていただいたことを忘れません

「欽どこ」が終わった後も、たまたま隣のスタジオでドラマの収録をしていたら「見栄晴が心配で、大丈夫か見に来ちゃった!」と笑顔で…本当は僕の方からごあいさつに行かないといけないのに、わざわざ来てくださって…

奇しくも、見栄晴さんの実の母親が亡くなった年に、母親役で自分を息子のように思ってくれていた真屋さんも亡くなりました。
ここにも何かの縁を感じて仕方がありません。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 田代まさし…4回の逮捕と現在の活動とは?
  2. 寺崎裕香の結婚相手「市川訓睦」は完全にガセ?!
  3. 長者番付からわかる芸能人の年収(1985年度)
  4. 宮沢磨由の妹「宮澤那名子」はヴェルサイユ宮殿で歌った最初の日本人のメンバーだった…
  5. 中村七之助の逮捕に松本潤や市川海老蔵が関係していた?!

関連記事

  1. 2000年代

    蝶野正洋の息子…病気を乗り越え身長は父親ゆずりのデカさ?!

    2007年から「笑ってはいけないシリーズ」の制…

  2. 2000年代

    中川礼二の「生涯禁酒」宣言は何処に?

    2001年のM-1グランプリ初代王者…兄弟…

  3. 2000年代

    ムツゴロウさん(畑正憲)…ライオンに指を噛まれた後も涼しい顔

    「ムツゴロウさん」のあだ名で親しまれる作家の畑…

  4. 2000年代

    藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!

    2011年、当時14歳の時にスカウトされて、そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. misonoの旦那Nosukeの「精巣がんによる胚細胞腫瘍」…
  2. 北村匠海…父親が北村一輝っていうのは完全にガセ?!
  3. 小宮孝泰…病気説が出ている理由は何なのか?!
  4. 宮尾俊太郎を検索するとなぜ「真矢みき」の名前が挙がるのか?
  5. 飯田覚士…星野敬太郎の元妻・美紀と不倫関係がヤバい?!
  6. 飯田覚士…現在はボクシング塾を経宮している?!
  7. 石田たくみの実家「メロン農家」は茨城のここ!?
  8. 竹内まなぶの実家「スーパータケウチ」は茨城のここ!?
  9. 小園凌央の弟・隼輝は成城大学卒業後は芸能界デビューする?!
  10. 辻岡義堂の実家はこのお寺だった?!その理由とは…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1960年代

    こまどり姉妹…事件の真相と現在の活動について
  2. 1960年代

    グループサウンズ「オックス」の失神パフォーマンスとは何だったのか?
  3. 1990年代

    かとうかず子(59歳)の現在と元夫の女性問題
  4. 1980年代

    オスマン・サンコンさん…2018年現在の活動とは?!
  5. 1960年代

    八千草薫…結婚式で語られた夫の言葉
PAGE TOP