1970年代

岡田奈々に起きた監禁事件の真相とは?!

本名は矢井弘子さん…
近年では清純派を脱皮する演技力を見せているのが「岡田奈々」さんです。

実は岡田さんは過去に、男に監禁されるという事件の被害にあったことがあるのです。
当時18歳で人気絶頂のアイドルだった岡田さんに、その事件が起きたのは1977年7月15日未明のことでした。

名前:岡田奈々(おかだなな)
本名:矢井弘子(やいひろこ)
生年月日:1959年2月12日(60歳)
職業:女優、元歌手
出身:岐阜県岐阜市
学歴:戸板女子短期大学(中退)



Sponsored Links
 

1977年7月15日の午前1時30分頃、東京都港区内の岡田奈々さんの自宅マンションに、両目と口だけを切り抜いたフロシキで覆面をした男がベランダから侵入しました。

ファンを名乗るこの男は、ベッドに横たわっていた岡田さんを刃渡り20センチのナイフで脅して「大声を出すな。おとなしくしていれば何もしない」と言って両手両足を縛り、猿ぐつわを噛ませたのです。

この時、岡田さんはナイフ避けようとして、両手に全治10日間のケガを負い、慌てた男はシーツを包帯にして手当てをしたり、パジャマを着替えさせたりしました。

もっとも、男は乱暴狼藉(らんぼうろうぜき)の限りを尽くしたわけではありません。
岡田さんに水を飲ませたり、トマトを食べさせたりもしていました。

結局、部屋に居座ったのは午前6時半頃まで…
約5時間も籠城(ろうじょう)して、血に染まった包帯やパジャマをポストンバッグに詰め金品には目もくれず逃走したのです。
男が手足をほどいていったため、岡田さんはすぐに110番通報しました。

清純派アイドルに起きたこの事件は、その当日には全国紙の夕刊「ベランダから『あなたのファン』岡田奈々さん切る」というタイトルで第一報を掲載…
同日午後4時には都内で所属事務所による緊急会見も開かれました。

この会見に岡田さんの姿はなく、スタッフが事件の経緯を説明しています。
翌16日付の各紙は独自に取材した岡田さんと犯人のやりとりも再現する形で大きく取り上げました。

例えばこんな具合です。
「お金ならあげるわ…私のこと知っているの?」
「知ってる。〇〇女子短大に行ってるんだって?国語が得意なんだろ」
「俺は5年前からこんなこと(強盗)をしているが、実はあなたのファンだ」
などなど…
記事の最後は「乱暴はされなかった。胸にも触られなかったし、キスも強要されなかった」という岡田さんの証言で締めくくられていました。

事件から3日後の18日午後、今度は岡田さんが会見を開きました。
集まった報道陣は100人以上…
所属事務所の社長に付き添われて、岡田さんは右手を三角巾で吊り、左手は白い包帯という痛々しい姿で現れたのです。

そうして岡田さんは「台本を読みながら寝ていた時、『静かにしろ』と首の横にナイフを突きつけてきた。何回も『殺すぞ!』と大声を出しながら足と手をネクタイで縛りました」と事件について語りました。

「体には触られなかったのか?」という記者団の質問には「最初は『脱がすぞ』とは言いましたが、いっさい体には触れませんでした」と答え、犯人についても「痴漢でも泥棒でもなく、男は誰かに頼まれて嫌がらせに来たような気がしました」などと事件当時の印象をコメントしたのです。
そして最後に「ご心配をおかけしましたが、私はもう大丈夫です」というファンへのメッセージも忘れませんでした。

その後、犯人の目的などはナゾのままで、捕まってもいません。
この気丈な会見は評価されましたが、事件が岡田さんのイメージに影響を与えたことは否めません。

岡田さんは事件後も、女優として活躍し続け、最近では、映画「海すずめ」(2016年)やテレビドラマ「警視庁南平班~七人の刑事~」などに出演しています。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 柏原崇は干されたのではなく現在は中国で大活躍中?!
  2. 浅村栄斗(楽天)…結婚相手と噂される彼女は「淡輪ゆき」だった?!
  3. 三津五郎…死因のフグ中毒死に勘三郎が弔辞で「バカヤロー」?!
  4. 赤木圭一郎…ゴーカート事故死の原因は何だったのか?!
  5. 萩原流行…バイク事故死の真相と疑問が残った警察の見解

関連記事

  1. 1970年代

    中康次…ダイレンジャーや佐々木小次郎などの役者魂

    名俳優の中康次さん…「五星戦隊ダイレンジャ…

  2. 1970年代

    立川談志…政治家時代とヘベレケ会見

    2011年11月21日に75歳で死去し…

  3. 1970年代

    大谷直子…離婚と病気を乗り越えた人生

    女優の「大谷直子」さん(当時28歳)と俳優の清水紘治(当時34歳)が婚…

  4. 1970年代

    萩本欽一…奥さんとの馴れ初めが感動する件

    日本野球連盟茨城ゴールデンゴールズの初…

  5. 1970年代

    乙羽信子…映画監督・新藤兼人との結婚秘話

    愛称は「オカジ」…1978年1月に映画監督の新藤兼人さんと結婚した…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    今陽子…「ピンキラ脱退」から現在の活動まで
  2. 1980年代

    井手らっきょ…嫁・正子との馴れ初めと挙式の意外な理由とは?
  3. 1980年代

    なぜ松島トモ子はライオンとヒョウに噛まれたのか?
  4. 2000年代

    芸人・口笛なるお…結婚後もキレ芸を続けていくのか?!
  5. 1970年代

    木之内みどり…不倫・引退騒動から現在までを振り返る
PAGE TOP