1970年代

岡田奈々に起きた監禁事件の真相とは?





本名は矢井弘子…
人気絶頂のアイドル岡田奈々さん(当時18歳)が男に監禁される事件が、起きたのは1977年7月15日未明のことでした。

名前:岡田奈々(おかだなな)
本名:矢井弘子(やいひろこ)
生年月日:1959年2月12日(58歳)
職業:女優、元歌手
学歴:戸板女子短期大学(中退)



Sponsored Links
 

同日午前1時半ごろ、港区内の岡田さんの自宅マンションに、両目と口だけを切り抜いたフロシキで覆面をした男がベランダから侵入しました。
ファンを名乗るこの男は、ベッドに横たわっていた岡田さんを刃渡り20センチのナイフで脅して「大声を出すな。おとなしくしていれば何もしない。」と言って両手両足を縛り、猿ぐつわを噛ませたのです。

この時、岡田さんはナイフ避けようとして、両手に全治10日間のケガを負い、慌てた男はシーツを包帯にして手当てをしたり、パジャマを着替えさせたりしました。

もっとも、男は乱暴狼藉の限りを尽くしたわけではありません。
岡田さんに水を飲ませたり、トマトを食べさせたりもしていました。

結局、部屋に居座ったのは午前6時半ごろまで…
約5時間も籠城して、血に染まった包帯やパジャマをポストンバッグに詰め金品には目もくれず逃走したのです。
男が手足をほどいていったため岡田さんはすぐに110番通報しました。

清純派アイドルの受難は事件当日、全国紙の夕刊「ベランダから『あなたのファン』岡田奈々さん切る」というタイトルで第一報を掲載…
同日午後4時には都内で所属事務所による緊急会見も開かれました。
この会見に岡田さんの姿はなく、スタッフが事件の経緯を説明したのです。

翌16日付の各紙は独自に取材した岡田さんと犯人のやりとりも再現する形で大きく取り上げました。
例えばこんな具合です。
「お金ならあげるわ…私のこと知っているの?」
「知ってる。〇〇女子短大に行ってるんだって?国語が得意なんだろ」
「俺は5年前からこんなこと(強盗)をしているが、実はあなたのファンだ」
などなど…
記事の最後は「乱暴はされなかった。胸にも触られなかったし、キスも強要されなかった」という岡田さんの証言で締めくくられていました。

事件から3日後の18日午後、今度は岡田さんが会見を開きました。
集まった報道陣は100人以上…
所属事務所社長に付き添われて、岡田さんは右手を三角巾で吊り、左手は白い包帯という痛々しい姿で現れたのです。

そうして岡田さんは「台本を読みながら寝ていた時、『静かにしろ』と首の横にナイフを突きつけてきた。何回も『殺すぞ!』と大声を出しながら足と手をネクタイで縛りました」と事件について語りました。

「体には触られなかったのか?」という記者団の質問には「最初は『脱がすぞ』とは言いましたが、いっさい体には触れませんでした」と答え、犯人についても「痴漢でも泥棒でもなく、男は誰かに頼まれて嫌がらせに来たような気がしました」などと事件当時の印象をコメントしたのです。
そして最後に「ご心配をおかけしましたが、私はもう大丈夫です」というファンへのメッセージも忘れませんでした。

その後、犯人の目的などはナゾのままで、捕まってもいません。
この気丈な会見は評価されましたが、事件が岡田さんのイメージに影響を与えたことは否めません。

岡田さんは事件後も、女優として活躍し続け、最近では、映画「海すずめ」(2016年)やテレビドラマ「警視庁南平班~七人の刑事~」などに出演しています。



ピックアップ記事

  1. かとうかず子(59歳)の現在と元夫の女性問題
  2. 森田童子の死因は「癌(ガン)」や「心疾患」だった?!
  3. ひょっこりひょうたん島(NHK)の打ち切りは政治的圧力だった?!
  4. 横山ノック…女子大生セクハラ事件の経緯と結末
  5. 志穂美悦子…長渕剛との馴れ初め・結婚から現在

関連記事

  1. 1970年代

    前田武彦のバンザイ事件と共産党の関係とは?

    愛称は「マエタケ」…ひょうひょうとした調子…

  2. 1970年代

    立川談志…政治家時代とヘベレケ会見

    2011年11月21日に75歳で死去した落語家…

  3. 1970年代

    倍賞美津子とアントニオ猪木の馴れ初めから離婚まで…

    最近でも「君に捧げるエンブレム」(2017年・…

  4. 1970年代

    大橋巨泉…パイプカット宣言の裏側には何があったのか?!

    「ボクは子孫をつくらないことにしました」……

  5. 1970年代

    中康次…ダイレンジャーや佐々木小次郎などの役者魂

    名俳優の中康次さん…「五星戦隊ダイレンジャ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 小宮孝泰…病気説が出ている理由は何なのか?!
  2. 宮尾俊太郎を検索するとなぜ「真矢みき」の名前が挙がるのか?
  3. 飯田覚士…星野敬太郎の元妻・美紀と不倫関係がヤバい?!
  4. 飯田覚士…現在はボクシング塾を経宮している?!
  5. 石田たくみの実家「メロン農家」は茨城のここ!?
  6. 竹内まなぶの実家「スーパータケウチ」は茨城のここ!?
  7. 小園凌央の弟・隼輝は成城大学卒業後は芸能界デビューする?!
  8. 辻岡義堂の実家はこのお寺だった?!その理由とは…
  9. 西城秀樹…若い頃に20代の一般女性に求婚していた?!
  10. H!NATA(えぐちひなた)をWiki風にプロフィールを紹介…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    立川談志…政治家時代とヘベレケ会見
  2. 1970年代

    今陽子…「ピンキラ脱退」から現在の活動まで
  3. 2000年代

    阿部桃子…交際相手K氏は「古塩勝彦」でホームズ不動産販売代表?!
  4. 1990年代

    有賀さつきと山崎直樹社長の不倫の結末
  5. 1990年代

    富田靖子…自動車事故で筧利夫との熱愛が発覚する?!
PAGE TOP