1990年代

長谷川町子…「遺骨盗難事件」の経緯と真相とは?!





長谷川町子さんの代表作であり、戦後日本を代表する家庭漫画といえば「サザエさん」でしょう。
現在もテレビアニメ版の放送が続く人気作品だが、1993年3月、作者の長谷川町子さんの遺骨が盗まれるという驚きの事件が起きました。

長谷川さんは1992年5月27日、東京の自宅で冠状動脈硬化症による心不全で72年の生涯を閉じています。
しかし、生前、姉の毬子さんと「70歳を過ぎて体が悪くなったら入院しない。手術はしない。万が一の時は家族による密葬と納骨をすませるまでは公にしないで欲しい」と約束をしていました。

このため、納骨式が終わった6月30日に死去が公表されましたが、この遺骨が事件を引き起こすとは、この時、誰も想像していなかったのです。

名前:長谷川町子(はせがわまちこ)
生年月日:1920年1月30日~1992年5月27日(72歳)
職業:漫画家
出生地:佐賀県小城郡東多久村(現・多久市)
学歴:山脇高等女学校(現・山脇学園高等学校)




Sponsored Links
 

翌1993年3月25日、長谷川さんの遺族の元に「遺骨を盗んだ。返して欲しければ金を出す。応じるなら新聞広告を出せ」というワープロ打ちの脅迫状が骨壺の写真とともに届きました。

墓を管理している石材店社長に確認してもらうと、、周辺のコンクリート目地が切られており、長谷川さんの遺骨は納骨室から盗まれていたのです。
200キロ以上もある納骨室の石蓋はピタリと戻されており、明らかにプロと感じさせる手際でした。

第一発見者となった社長はすぐに現場の写真を撮りました。
長谷川さんの姉の毬子さんは重大性と悪質性を考え、その日のうちに警察に通報…
翌26日には捜査員5人が霊園を訪れ、骨壷がないことを確認したのです。

事件の性質上、当初、盗難の事実は伏せられていましたが、ほどなく一連の動きをマスコミがキャッチ…
事件が大々的に報道される騒ぎとなりました。

犯人側の要求金額は2000万円だったともいわれています。
毬子さんが犯人の指定する通り、3月31日の読売新聞尋ね人欄に「原揚子さん 至急連絡下さい まり子」と広告を出したところ、犯人側からは2通目の脅迫状が届きました。

今度は振込先の銀行口座が指定され、翌日必ず振り込むように、と具体的な指示が書かれていたのです。
当初、毬子さんは要求通り、お金を払うつもりだったともいわれていますが、警察の説得に応じて4月1日に被害届を出しました。

3日、警察は都内5カ所の銀行ATMに張り込みます。
しかし、犯人からの動きはありませんでした。

また、実際にお金が振り込まれたかどうかについて捜査当局は明らかにしなかったのです。
5日朝、毬子さんの元に速達が届き、中には「JR渋谷駅山手線ホームコインロッカーに安置してあります」とワープロで書かれた便箋とコインロッカーの鍵が入っていました。

知らせを受けた捜査1課と玉川署員が駆け付け、黒いビニール袋に包まれた骨壺を発見…
遺骨は2週間ぶりに遺族の元に戻ったのです。

実はこの事件直前の2月16日には元最上恒産会長の早坂太吉さんの亡妻の遺骨が盗まれ、300万円が要求されるという別の遺骨盗難事件も起きていました。
この時も新聞広告掲載が指示され、早坂さんは結局、300万円を振り込んでいたのです。

警察はこの事件も合わせて捜査を続けましたが、結局、犯人は捕まりませんでした。
真相も未だ闇の中なのです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 市井紗耶香…モー娘。脱退理由は何だったのか?!
  2. 荻野目慶子…不倫相の映画監督が自殺して大スキャンダルに?!
  3. 菊間千乃(元アナ)の転落事故の原因はなんだったのか?
  4. 森末慎二…宮古島の住所は島の北側のこんな場所だったの?!
  5. 大森玲子の不祥事から現在までの経緯を振り返る

関連記事

  1. 1990年代

    野坂昭如と大島渚の殴り合いの原因は何だったのか?!

    「青春残酷物語」や「戦場のメリークリスマス」な…

  2. 1990年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1991年度)

    田部井淳子さんが南極大陸最高峰ビンソンマシフの…

  3. 1990年代

    松尾和子…転落死により息子と「再会」できず

    あの力道山が経営していた赤坂のクラブ・リキの専…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 佐々木太一が合格したウィスキー最難度の試験MWとは?!
  2. 式守与之吉…休場の原因となった「ギラン・バレー症候群」とは?…
  3. 柴俊夫…嫁の真野響子との馴れ初めや結婚会見のサプライズとは?…
  4. 水原茂(元監督)…弟子・長嶋茂雄に見送られこの世を去る
  5. シャネルズ(CHANELS)改名の理由にシャネルは関係なかっ…
  6. 岡田彰布…嫁の大関陽子とは知り合って2ヵ月で結婚していた?!…
  7. 大林宣彦…肺がんをオプジーボで治療して効果テキメン?!
  8. さいたまんぞう…現在やっている野球審判のギャラっていくらなの…
  9. なかむらみなみ(ラッパー)…衝撃的な過去から現在まで
  10. 藤村有弘…天涯孤独の中、死去する?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1960年代

    小鳩くるみ…43歳で結婚して現在は夫婦二人で暮らしている?!
  2. 1990年代

    石川さゆり…娘の佐保里のために6億5000万円の土地を購入する?!
  3. 2000年代

    木村秋則…現在はがんの治療に専念していたが…!?
  4. 2000年代

    清原和博…父親・母親・祖父母の話にちょっと感動してしまう件
  5. 1980年代

    藤村有弘…天涯孤独の中、死去する?!
PAGE TOP