1990年代

長谷川町子…「遺骨盗難事件」の経緯と真相とは?!





長谷川町子さんの代表作であり、戦後日本を代表する家庭漫画といえば「サザエさん」でしょう。
現在もテレビアニメ版の放送が続く人気作品だが、1993年3月、作者の長谷川町子さんの遺骨が盗まれるという驚きの事件が起きました。

長谷川さんは1992年5月27日、東京の自宅で冠状動脈硬化症による心不全で72年の生涯を閉じています。
しかし、生前、姉の毬子さんと「70歳を過ぎて体が悪くなったら入院しない。手術はしない。万が一の時は家族による密葬と納骨をすませるまでは公にしないで欲しい」と約束をしていました。

このため、納骨式が終わった6月30日に死去が公表されましたが、この遺骨が事件を引き起こすとは、この時、誰も想像していなかったのです。

名前:長谷川町子(はせがわまちこ)
生年月日:1920年1月30日~1992年5月27日(72歳)
職業:漫画家
出生地:佐賀県小城郡東多久村(現・多久市)
学歴:山脇高等女学校(現・山脇学園高等学校)




Sponsored Links
 

翌1993年3月25日、長谷川さんの遺族の元に「遺骨を盗んだ。返して欲しければ金を出す。応じるなら新聞広告を出せ」というワープロ打ちの脅迫状が骨壺の写真とともに届きました。

墓を管理している石材店社長に確認してもらうと、、周辺のコンクリート目地が切られており、長谷川さんの遺骨は納骨室から盗まれていたのです。
200キロ以上もある納骨室の石蓋はピタリと戻されており、明らかにプロと感じさせる手際でした。

第一発見者となった社長はすぐに現場の写真を撮りました。
長谷川さんの姉の毬子さんは重大性と悪質性を考え、その日のうちに警察に通報…
翌26日には捜査員5人が霊園を訪れ、骨壷がないことを確認したのです。

事件の性質上、当初、盗難の事実は伏せられていましたが、ほどなく一連の動きをマスコミがキャッチ…
事件が大々的に報道される騒ぎとなりました。

犯人側の要求金額は2000万円だったともいわれています。
毬子さんが犯人の指定する通り、3月31日の読売新聞尋ね人欄に「原揚子さん 至急連絡下さい まり子」と広告を出したところ、犯人側からは2通目の脅迫状が届きました。

今度は振込先の銀行口座が指定され、翌日必ず振り込むように、と具体的な指示が書かれていたのです。
当初、毬子さんは要求通り、お金を払うつもりだったともいわれていますが、警察の説得に応じて4月1日に被害届を出しました。

3日、警察は都内5カ所の銀行ATMに張り込みます。
しかし、犯人からの動きはありませんでした。

また、実際にお金が振り込まれたかどうかについて捜査当局は明らかにしなかったのです。
5日朝、毬子さんの元に速達が届き、中には「JR渋谷駅山手線ホームコインロッカーに安置してあります」とワープロで書かれた便箋とコインロッカーの鍵が入っていました。

知らせを受けた捜査1課と玉川署員が駆け付け、黒いビニール袋に包まれた骨壺を発見…
遺骨は2週間ぶりに遺族の元に戻ったのです。

実はこの事件直前の2月16日には元最上恒産会長の早坂太吉さんの亡妻の遺骨が盗まれ、300万円が要求されるという別の遺骨盗難事件も起きていました。
この時も新聞広告掲載が指示され、早坂さんは結局、300万円を振り込んでいたのです。

警察はこの事件も合わせて捜査を続けましたが、結局、犯人は捕まりませんでした。
真相も未だ闇の中なのです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 有安杏果…医師Kの名前は「児島直樹」(あんずクリニック院長)?!
  2. 中本賢…嫁の奈良崎佐輝子との馴れ初めと結婚について
  3. 草刈民代と草刈正雄の関係について説明してみた件
  4. 西村和彦…二度の「離婚原因」は何だったのか?!
  5. 清原和博がダウンタウンと坂上の番組「はしご酒」に出た理由が謎すぎる件

関連記事

  1. 1990年代

    浅茅陽子は今でも「ベジタリアン」なのか?!

    1976年の「雲のじゅうたん」で飛行家…

  2. 1990年代

    あいだもも…高知東生との結婚・離婚から現在は?!

    タレントでもある「あいだもも」さんは、1989…

  3. 1990年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1996年度)

    アトランタオリンピックが開催され、また女子テニ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 北天佑…妻の清田栄美との馴れ初めと婚約会見秘話とは?
  2. 石原真理子…「ふぞろいな秘密」の内容から骨折事放の謎が明かさ…
  3. 甲斐バンド…1986年の解散理由に感動させられる件
  4. SALLY(バンド)…解散した理由は「アイドル性」が原因だっ…
  5. 加藤茶…スピード違反で過去に有罪判決を受けていた?!
  6. 奈良岡朋子…マンションの場所はもしかして「銀座タワー」?!
  7. 篠原信一…移住場所は安曇野市の「穂高有明」なの!?
  8. 水沢アキ…元旦那スィーヒとの馴れ初めから結婚まで
  9. 新沼謙治…嫁の湯木博恵との馴れ初めから結婚まで
  10. キャロル解散…矢沢永吉とジョニー大倉は何を語ったのか?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    松田優作…死因となった膀胱がんが発覚するも命がけで撮影に挑む!
  2. 2000年代

    剛力彩芽…前澤友作のせいでアンビリバボーを降板になる?!
  3. 2000年代

    中村七之助の逮捕に松本潤や市川海老蔵が関係していた?!
  4. 1980年代

    斉藤とも子…28歳年の差で芦屋小雁と結婚?!
  5. 2000年代

    丸山桂里奈…「発達障害の弟がいる」は完全にガセ?!実は…
PAGE TOP