1990年代

円広志…パニック障害で番組降板





「とんでとんで…」で有名な「夢想花」のヒットで知られる円広志さん…
そんな円さんが「パニック障害」を発症し、治療のためにレギュラー出演する全番組を降板する騒ぎになったのは1999年のことでした。

名前:円広志(まどかひろし)
本名:篠原義彦(しのはらよしひこ)
生年月日:1953年8月21日(64歳)
職業:シンガーソングライター、タレント、作曲家
所属:オフィスとんで
出身地:高知県安芸郡野根町(現・東洋町)
学歴:追手門学院大学経済学部



Sponsored Links
 

円さんは1978年の「夢想花」ヒット後はトークの才能を発揮…
主に関西ローカルのバラエティー番組を中心に活躍していました。
レギュラーを6本も抱える忙しさだったのです。

しかし、45歳の時、番組生放送中に「このまま気を失って倒れるのではないか」という激しい恐怖感に襲われます。
本番前に椅子に座っている時から、まるで世界がぐにゃりと歪むように感じ、本番中に立っていられなくなったのです。

共演者が驚く中、ついに椅子に座ってしまいます。
1時間の生放送が本当に長く感じられて、ひたすら時間が過ぎ去るのを待つ、地獄のような苦しさだったといいます。

さらに、車の運転中にも発作は起きました。
渋滞や信号で車が止まったにもかかわらず、周りの景色が流れていく感覚に襲われ車を置いて逃げ出したい衝動にかられたのです。

当初は不安を酒でごまかしていました。
酒を飲むと不安が解消…
「日が暮れると砂漠でオアシスを見つけたときのようにガブガブ飲んだ」といいます。

体調不良と酒浸りの日々は半年以上続き、ついに1999年9月にすべてのレギュラーを降板しました。
円さんはテレビの仕事をやめたら、少しは楽になると考えていたのですが、実際には逆でした。

症状はどんどん悪化…
カーテンを開けて空を見て鉛色に見えるだけで絶望感を感じ、布団に逆戻りする日々が続いたのです。

徳島の別荘で転地療養も試みました。
しかし、途中の高速道路が不安で、生きた心地がせず、発作の不安からも解放されなかったのです。

当時はまだ「パニック障害」という病気の認知度は低く、病院を転々としました。
病名がわかったのは6軒目の耳鼻咽喉科のめまい外来を受診した時…
ここで「パニック障害」と診断され、1日3回服用する治療薬と発作時の応急薬を処方してもらうようになって症状は快方に向かいました。

パニック障害では完全休養すると長期化やうつ症状など病気の悪化を招くことがあります。
円さんの場合、キャンセル料を避けるためにステージの仕事だけは無理してでも続けたことが幸いした。

スポットライトに恐怖を感じる円さんのため、ステージ全体を明るくするなどの配慮もなされました。
妻も闘病を支え、かつては”鬼嫁”呼ばわりしたこともありましたが、洗濯する妻の背にしがみつき、寝る時も手を握りしめたといいます。

円さんは4ヶ月後、仕事を再開…
「戻ってくるまで待ってるから」というスタッフの言葉通り、上沼恵美子さんと共演するバラエティーでは円さんの席が以前と同じように用意されていました。

その後も闘病は長く続きましたが、円さんは“がんばりすぎない”ようにしながら仕事を増やしていったのです。
2009年1月に「僕はもう一生分泣いた―パニック障害からの脱出」を出版して話題になりました。



ピックアップ記事

  1. 堀江しのぶ…死因の「スキルス性胃がん」を知らずにこの世を去る
  2. 篠原ともえ…台湾事件の真相とは何だったのか!?
  3. 清原和博がダウンタウンと坂上の番組「はしご酒」に出た理由が謎すぎる件
  4. 猿岩石…ヒッチハイクは「ヤラセ」か「ガチ」か?!
  5. 大森玲子の不祥事から現在までの経緯を振り返る

関連記事

  1. 1990年代

    やるならやらねば…死亡事故で番組打ち切り

    バラエティーの名門枠といえばフジテレビ土曜20…

  2. 1990年代

    島田裕三の実家「島田建設」は鈴木宗男の収賄に絡んでった本当?!

    月のおこづかいが400万円という超ド級のスネか…

  3. 1990年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1997年度)

    ダカール~アガデス~ダカール・ラリーで篠塚建次…

  4. 1990年代

    景山民夫…死因と幸福の科学での活動とは?!

    放送作家・エッセイストであり、直木賞作家でもあ…

  5. 1990年代

    三田村邦彦…中山麻理との泥沼離婚の裏側とは?!

    43歳だった「三田村邦彦」さんが日本テレビで会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    間寛平…アメマ裁判でも笑いをとる?!
  2. 1970年代

    内藤洋子(喜多嶋舞の母)の引退の背景とは?
  3. 2000年代

    福田明日香の脱退理由はイジメだった事を告白 イジメていたのは…
  4. 2000年代

    木下あおいの結婚や旦那・彼氏について調査した件
  5. 2000年代

    牧瀬里穂…旦那・NIGOとの馴れ初めから結婚まで
PAGE TOP